進学塾の講師のお仕事のやりがいとは

進学塾講師のやりがい

進学塾講師というと、受験のために生徒に学習指導する厳しいイメージがあると思います。毎年受験の季節には、生徒の合否に一喜一憂するなど、大変な仕事だという印象もありますが、やりがいも大きい仕事だとも言われています。そのやりがいとは、どういったものなのでしょうか。

進学塾講師の仕事は、学習指導を通じて生徒の目標を共に達成することであり、「合格」という明確な成果を収めることによって、高い達成感を得ることが可能です。受験の成功は生徒の人生において大きな収穫となるので、講師は非常に感謝されることが多いです。生徒と共に苦労した分だけ、成功した時には必ず大きな喜びを分かち合えるという点が、塾講師にとって一番のやりがいなのではないでしょうか。

また、進学塾によって、指導した生徒の合格率が上がる分、給与も高くなるシステムを採用している所もあります。仕事の成果が収入に反映されることは、大きなやりがいにもつながります。アルバイトの場合も、進学塾講師は比較的高時給と言われています。個別指導よりも集団指導の方が仕事内容の難易度が高いと言われ、その分時給も高くなる傾向があります。

結果だけを追い求めるのではなく、その過程で生徒との心の交流がある点も、塾講師の仕事の魅力です。教える立場になれば難しいこともありますが、その経験が自分を成長させ、やりがいにもつながるので、是非興味を持っていただければ幸いです。